読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

edgefirstのブログ

国内新聞社を中心としたマスメディア関連のウェブサイト巡回が趣味です。業界紙的なノリでトピックスをメモしていきます。

朝日中学生ウイークリーも「中高生新聞」に 読売より1カ月先行

 朝日学生新聞社は来年春に創刊40周年を迎えるのを前に、「朝日中学生ウイークリー」(毎週日曜日発行)を、読者対象を高校生にも拡大し、10月5日付から「朝日中高生新聞」にリニューアルする。タブロイドの判型はそのまま、月ぎめ購読料は967円(税込み)も据え置く。読売新聞社が11月に創刊する「読売中高生新聞」(週刊)より1カ月先行してのリニューアル。この秋、中高生をめぐって朝日と読売が競うことになる。(中略)
 今回の中学生ウイークリーのリニューアルのコンセプトは、「今がわかる、未来が開ける」。購読中の中学生も、高校進学のさらに先へと視野を広げられるような紙面を増やし、卒業後も読み続けられる新聞を目指す。判型・購読料はそのままで、ページ数は現在の20ページから20~24ページとする。
(2014年8月25日付文化通信より) 

 現在、全国で唯一の中学生向け新聞「朝日中学生ウイークリー」が、今年10月より対象読者を高校生まで広げ、「朝日中高生新聞」としてリニューアルする。料金やタブロイドサイズは変更せず、若干のページ増を予定する。

[公式リリース(PDF)]⇒「朝日中学生ウイークリー」が高校生にも読者を拡大 「朝日中高生新聞」(週刊・全国)にかわります

f:id:edgefirst:20140829183301p:plain

 リニューアルの内容としては、仕事や働き方といったキャリア情報の充実や、高校生・大学生の生活の紹介、グローバルな視点から5年後や10年後の世界の姿がイメージできるような記事の充実が挙げられている。また、これまで掲載された定期試験や高校受験に関する記事、英語マンガや著名人が語る「私と英語」といった記事は10月以降も引き続き掲載される。

 読売が目玉としているスマートフォンアプリの活用などは今のところ公表されていない。ただ、親会社である朝日新聞社は7月23日に大学受験対策の有料アプリ「アプケン」をリリースしており、高校生向けの学習コンテンツとして連携する構想もあるのかもしれない。

 リニューアルの表向きの理由は40周年記念だが、直接的な要因は7月11日に読売新聞が発表した「読売中高生新聞」の11月創刊だろう。朝日中学生ウイークリーは2014年7月現在のABC部数が50,187部であり、前年同月比で2,874部の減少。2011年7月の56,307部から減少傾向が続いている。中学生向けの新聞は2006年3月末で「毎日中学生新聞」が部数の減少を理由に休刊しており、中学生に特化した新聞媒体が厳しいようだ。

ちょうど8月25日に文部科学省が「全国学力・学習状況調査」の結果を発表したが、それによると「新聞を読んでいますか」という質問で、小学生の50.2%,中学生の59.1%が新聞を「ほとんど・全く読まない」と回答している。この質問は2013年以降の調査で設けられたため、年次傾向を追えないのが残念だが、小学生の半分、中学生の6割が新聞をほぼ読んでいないという現状がある。

[参考]⇒平成26年度 全国学力・学習状況調査 報告書・調査結果資料:国立教育政策研究所

f:id:edgefirst:20140829185541p:plain
(画像は「平成26年度 全国学力・学習状況調査調査結果のポイント」より)

 とはいえ、同調査によれば、「テレビのニュース番組」や「インターネットのニュース」については小学生で84.7%、中学生で82.2%が「よく見る/ときどき見る」と回答している。入手経路がテレビなのかインターネットなのかわからないのが惜しいが、決してニュースに興味がないわけではないだろう。中高生に「自分たちのための媒体である」ということを意識してもらうためにも、朝日と読売が内容で競い合うことが重要だ。