読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

edgefirstのブログ

国内新聞社を中心としたマスメディア関連のウェブサイト巡回が趣味です。業界紙的なノリでトピックスをメモしていきます。

読売、17年ぶりに1000万部割れ 被災各県地元紙も大幅減

 5月18日に新聞・雑誌部数の認証を行う日本ABC協会が4月の新聞各紙の部数を発表した。業界紙・新聞情報の5月18日付に詳細が一覧で掲載されている。全国紙や被災地の地元紙を中心に3月11日の東日本大震災の影響をまともに受けた社が多い。また、震災以前から続く新聞離れは治まる気配を見せておらず、特にブロック紙での落ち込みが続いている。

全国紙

 大きなトピックとなったのは、読売新聞の1000万部割れ。こちらの記事によると平成6年以来、17年ぶりとのこと。社の至上命題でもあったが、さすがに震災の影響に吹き飛んでしまったような格好だ(【参考】読売・内山社長「私は1000万部体制にこだわり続ける」 - edgefirstのメモ)。
 また、朝日21万部、毎日が15万部を前年比で大幅に減らしている。朝日の場合は社長みずから業界紙などのインタビューで「過剰な予備紙は削っていく。部数はもう少し調整が進む」と言明していたが、震災の影響は軽くなさそうだ。

銘柄 朝刊部数 前月比 前年同月比 前年同月比(%)
読売新聞(合計) 9,951,191 ▲72,776 ▲59,533 -0.59%
朝日新聞(合計) 7,703,183 ▲163,260 ▲211,889 -2.68%
毎日新聞(合計) 3,476,205 △20,169 ▲150,004 -4.14%
日本経済新聞(合計) 3,010,897 ▲33,241 ▲17,759 -0.59%
産経新聞(合計) 1,657,003 △48,510 ▲18,741 -1.12%

ブロック紙

 こちらは震災の被害を受けなかった地域のブロック紙だが、いずれも前年比で1万部以上のマイナスとなっている。県紙と比べると、ブロック紙の落ち込みのほうが大きい。

朝刊部数 前月比 前年同月比 前年同月比(%)
中日新聞 2,689,066 ▲868 ▲48,721 -1.78%
北海道新聞 1,143,006 ▲6,579 ▲15,087 -1.30%
西日本新聞 774,700 △363 ▲39,128 -4.81%
中国新聞 646,814 ▲248 ▲26,548 -3.94%
東京新聞 539,840 ▲16,337 ▲15,864 -2.85%

被災各県の地元紙

 前月比と前年同月比が近い数字になっていることに注目。まさに津波が部数を押し流したという状況になっている。特に福島県の2紙が激しい落ち込み。

銘柄 朝刊部数 前月比 前年同月比 前年同月比(%)
河北新報 438,480 ▲31,883 ▲34,823 -7.36%
岩手日報 199,988 ▲11,716 ▲11,715 -5.53%
福島民報 235,452 ▲64,953 ▲65,052 -21.65%
福島民友 180,697 ▲19,559 ▲20,360 -10.13%