読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

edgefirstのブログ

国内新聞社を中心としたマスメディア関連のウェブサイト巡回が趣味です。業界紙的なノリでトピックスをメモしていきます。

北海道新聞の過去記事検索アプリ「どうしんサーチ」 閲覧は有料チケット制

 北海道新聞社は7月27日、同紙の過去5年間の朝夕刊掲載記事をスマートフォンタブレットで手軽に検索できるアプリ「どうしんサーチ」のサービスを開始した。東京に本社を置くSlow-walkers(スローウォーカーズ)が開発を担った。
 アプリはiPhoneiPadなどのiOS端末や、アンドロイド端末に対応。アプリをインストール後、メールアドレスとパスワードを入力して登録を済ませると利用可能になる。
 見出しの閲覧までは無料だが、20記事500円(税込)で閲覧できるチケットをアプリ内購入すると、本文ほか写真・新聞切り抜きイメージなどの詳細を閲覧することができる。著作権などの理由で閲覧できない記事を除き、地方版も含む過去5年のすべての道新掲載記事が対象(当日記事は除く)。
 現在、最初の10本まで無料で閲覧できる新規登録キャンペーンを実施中だ。
(2015年8月24日文化通信より)

 北海道新聞社は7月27日に、スマートフォンタブレットで手軽に記事を検索できるアプリ「どうしんサーチ」のサービスを開始した。過去5年分の朝夕刊および地方版記事を検索することができる。アプリのダウンロードは無料で、記事を検索・閲覧するためにはアプリ内課金のチケットを購入する必要がある。

[案内サイト]⇒http://dsearch.hokkaido-np.co.jp/pr/=title
iOS向けアプリ]⇒iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 どうしんサーチ
Android向けアプリ]⇒どうしんサーチ - Google Play の Android アプリ

 チケットを入手していない状態ではキーワード検索はできないが、道新側が設定した「おすすめキーワード」をタップすることで検索ができ、利用のイメージをつかむことができる。チケットを入手することで検索ができるようになり、検索回数と見出しの閲覧については制限がなく、記事を閲覧するたびに1チケットが消費される。

 なお、メールアドレスとパスワードを登録しなくてもチケットの購入は可能だが、メールアドレスを登録することで10記事まで利用できるキャンペーンチケットを入手できるので、お試ししやすいような作りになっている。また、自分が過去に閲覧した記事の履歴や、必要な記事をブックマークしておくこともできる。一度閲覧した記事は何度でも再表示できる。

20150827185614

 iOS版を実際に利用してみたところ、動作は非常にスムーズで使いやすい。2014年までの記事はテキストのみだが、2015年以降の記事については切り抜き画像や写真も合わせて見られるようだ。

 記事閲覧20件あたり500円というのは少々高く感じるが、新聞記事の過去記事検索を日経テレコンやジー・サーチのようなビジネス向けデータベースサービスで利用すると、記事1件あたり見出し5円、記事本文100円が相場。記事2本を探して読むだけで新聞1部の値段を超えてしまう世界であり、それに比べれば多少敷居は低く設定されている。

 道新の担当者によると「開発コンセプトは『ネットの使い勝手で新聞の正確な情報を』」とのこと。確かに「調べたい!」と思った時に、手元にあるスマホでメールアドレス登録不要、アプリ内課金だけで利用できるようにしているところにユーザーの使い勝手への意識を感じる。また、「有料チケット」と「キャンペーンチケット」を分けており、スマホゲームや漫画アプリのように、一定期間無料で使えるシステムが用意されていることも興味深い。

 ゆくゆくは購読者向けの「どうしん電子版」との連携も視野に入っているのではないだろうか。電子版の登録メールアドレスと連携することで、電子版登録者には毎月一定分のチケットを提供し、手元のスマホアプリで過去記事を気軽に検索してもらえるサービス強化も可能になる。

 開発元のSlow-walkersは産経、毎日、河北新報東京新聞新潟日報などの電子新聞ビューアアプリを提供しているが、こういった過去記事検索のアプリについてもニーズはあるだろう。紙面ビューアだけでなく過去記事検索もアプリ提供することで事業を広げていく目論見がありそうだ。