読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

edgefirstのブログ

国内新聞社を中心としたマスメディア関連のウェブサイト巡回が趣味です。業界紙的なノリでトピックスをメモしていきます。

毎日新聞センバツ公式アプリが野球漫画「ダイヤのA」とコラボ dアニメストアを猛プッシュ

アプリ

 3月21日に甲子園球場で開幕する春の選抜高校野球大会を前に、毎日新聞社が提供する公式アプリ「センバツ2015」が大きくリニューアルした。大きな特徴は、人気高校野球漫画「ダイヤのA(エース)」とコラボレーションし、ニュースの中に大きくNTTドコモのタイアップ広告を挿入し、月額400円(税抜き)でスマホでアニメが見放題となる「dアニメストア」で「ダイヤのA」の1~10話が無料試聴できることを大きくPRしている。3/13の時点でアップストアのベスト新着アプリにランクインするなど、多くのユーザーにダウンロードされているようだ。

iOS]⇒センバツ2015/第87回選抜高校野球大会公式アプリ
Android]⇒センバツ2015/第87回選抜高校野球大会公式アプリ - Google Play の Android アプリ

f:id:edgefirst:20150315234622p:plain:w300

 びっくりしたのは、アプリを立ち上げて最初に表示される画面の中で、記事と記事の間に画面の半分近くの大きさでdアニメストアの広告が表示されることだ。タップすると、直接dアニメストアに移動する場合もあれば、間に「ダイヤのA」の主要キャラクターの紹介や、名シーンを紹介するページを挟み、dアニメストアへの誘導リンクをページ下部に表示するケースもある。ニュースとニュースの間に自然な感じで広告を挟むやり方はスマートニュースやグノシー、アンテナいったキュレーションアプリでおなじみだが、毎日がここまで大胆に広告にスペースを割り当てたのには驚きだ。どの程度のクリック率やPVがあるのか非常に気になる。

 そのほか、漫画の登場人物がセンバツに関するトリビアを解説する「高校野球Q&A」や、秋季大会の成績をランキング化し攻撃力、守備力、投手力3つの角度から出場校の戦力を独自に分析したコンテンツ、日程・結果の一覧や、過去のデータを集計し「センバツ初出場校の初戦突破率は?」「出場校の野球創部年一覧」などをわかりやすく図解したコンテンツなどがある。

f:id:edgefirst:20150314103025p:plain:w250 f:id:edgefirst:20150314103032p:plain:w250

 また、出場校各校には「応援」ボタンがつき、タップすることでその高校を応援することも可能で、これもランキング表示される。回数に制限はないので、気軽に連打することもできる。3/14時点では四国や近畿、東北といった地域が多く、九州や東海、中国が少ない。

 「ダイヤのA」は2006年から週刊少年マガジンで連載開始し、単行本の累積発行部数が2100万部を超える人気作品。野球日本代表「侍ジャパン」が選定する「野球マンガ代表」に、「タッチ」や「MAJOR」などと並んで選ばれた。アニメも毎週日曜の朝8時30分から放送されている。人気アニメを活用し、主催者として大会そのものの注目度向上やページビューの拡大につなげたい毎日新聞と、スマホでのアニメ視聴を普及させたいNTTドコモの意向が一致したのだろう。あの広告スペースの大きさには異論もあるだろうが、アプリを活用したコンテンツ・メディア・イベントをミックスしたビジネス展開として、興味深い事例だった。

こちらの記事もどうぞ

edgefirst.hateblo.jp