読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

edgefirstのブログ

国内新聞社を中心としたマスメディア関連のウェブサイト巡回が趣味です。業界紙的なノリでトピックスをメモしていきます。

働く女性の情報収集を猫が応援? スマホアプリ「日経ねこカフェ」


日本経済新聞社は4月3日、働く女性の毎日をもっと楽しくすることを目的とした、ニュースと癒しを提供するアプリ「日経ねこカフェ」をリリースした。iPhoneおよびAndroidスマートフォンで利用でき、無料でダウンロード可能。日経電子版への会員登録は不要であり、誰でも無料で利用できる。

iPhone]⇒日経ねこカフェ(ウーマンニュース) on the App Store on iTunes
Android]⇒日経ねこカフェ(ウーマンニュース) - Google Play の Android アプリ

 このアプリは日本経済新聞電子版内の「ウーマン」コーナーに掲載されたコンテンツを、スマートフォン向けに最適化して表示している。コスメ・美容・キャリア・マネー・料理・結婚・芸能など女性をターゲットにしたコラムや情報を整理し、手軽な操作で読みやすく提供している。ちなみにペットに関するカテゴリーはない。読んだ記事をfacebookおよびTwitterに投稿することも可能。

 最大の特徴は、ニュースを読む合間にかわいい猫たちが応援してくれるという機能。読んだ記事には猫の肉球を模したスタンプがつく。記事を1本読むごとに画面右上の「コーヒーカップ」のカウントが溜まっていき、5つニュースを読むと下部にネコマークが表示される。そのマークをタップすると、猫の写真が表示され、応援のメッセージを送ってくれる。なお、表示される猫写真は東京都内で猫カフェを経営する「猫カフェ きゃりこ」から提供されたものとのこと。

f:id:edgefirst:20140412005858p:plain:w250  f:id:edgefirst:20140412010108p:plain:w250   f:id:edgefirst:20140412005902p:plain:w250  f:id:edgefirst:20140412005910p:plain:w250

 女性向けのニュースアプリということだが、猫ラブの人にとっては性別を問わず楽しめるアプリだろう。コンテンツ自体はすでにウェブサイトに無料で公開しているものを再構成しているだけのようなので、このアプリのための特別な運用もいらず、いい感じに肩の力の抜けた遊び心あるアプリに仕上がっている。今のところ広告も貼られておらず、ウェブサイトへの誘導もされていないことから、特に収益やアクセス数向上は意識されていないのだろう。業務の合間にちょっと余技で作ってみましたという感じのアプリだが、このあたりの余裕がさすがデジタル方面で業界トップを走る日経というべきか。

 ところで、日経電子版といえば広報犬として「デンシバ」というキャラクターがいるのだが、実は社内では犬派よりも猫派のほうが優勢なのだろうか。