読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

edgefirstのブログ

国内新聞社を中心としたマスメディア関連のウェブサイト巡回が趣味です。業界紙的なノリでトピックスをメモしていきます。

アスパラクラブが朝日新聞デジタルと11月に統合 既存会員は自動移行

 朝日新聞の会員サービス「アスパラクラブ」は今年11月、「朝日新聞デジタル」に統合します。特典応募やアンケートなどのサービス及びコンテンツは朝日新聞デジタルに移してリニューアルし、充実を図ります。
 統合の際、朝日新聞デジタル有料会員・無料会員のいずれにも登録されていないアスパラ会員(Web会員)については会員情報を移し、朝日新聞デジタル無料会員に統合させていただきます(はがきでアスパラクラブに入会された方を除きます)。無料会員への統合を希望されない方は11月下旬までにアスパラクラブWebサイト(http://aspara.asahi.com/)から退会手続きをお願いします。なお、朝日新聞デジタル無料会員は統合後も料金無料です。統合の詳細はアスパラクラブWebサイトをご覧ください。
 はがきでアスパラクラブに入会された方(はがき会員)についてはサービスを終了します。はがき会員の方でパソコンなどをお持ちの方は、この機会にぜひ朝日新聞デジタルにご登録ください。朝日新聞(宅配)ご購読の場合、朝日新聞(宅配)+1千円(月ぎめ)で有料会員サービスがご利用になれます。詳しくはWebサイト(http://digital.asahi.com/info)をご覧ください。
アスパラWeb会員は朝日デジタル会員に:朝日新聞社インフォメーション

 朝日新聞社は8月14日、今年11月中旬を目処に会員サービスである「アスパラクラブ」を「朝日新聞デジタル」に統合することを発表した。既存のアスパラクラブ会員は、統合の際自動的に今年5月に開始した朝日新聞デジタルの無料会員へと移行する。実質的にアスパラクラブは消滅し、プレゼントやイベントなどへの応募申し込み、アンケートの回答、優待チケットの購入といったサービスを朝日新聞デジタルに移し、「有料コンテンツ」の電子版と「お得なサービス」を一体化させるといった意味合いを感じる。
アスパラクラブ上での告知]⇒【重要なお知らせ】アスパラクラブは朝日新聞デジタルに統合します
 これに伴い、アスパラクラブの一部コンテンツは更新を中止する。確かに記者や識者によるブログなどの読み物系コンテンツは、朝日新聞デジタルの「YOU刊・コラムの森」と重なる部分も多く、統合することで読み物系コンテンツ編集の一元化が図れそうだ。
 アスパラクラブは2004年10月にオープンした朝日新聞読者のための会員制サービス。会員数についてググってみたところ、2011年8月現在128万人(PDF)というPR資料が見つかった。PCやメールアドレスを持っていなくても加入できる「はがき会員」という制度もあるそうなので、全てが朝日新聞デジタルの無料会員に移行するわけではないのだろうが、それでも数十万単位で会員数が一気に増加することになる。先日、無料会員の数字を146万と発表した日経電子版に少しでも追いつこうとする意図だろうか。
 特典を見たところ、全国で行われるJリーグ試合の観戦チケット映画、書籍のプレゼントなどが並んでいる。また、「『K-POP』に関するアンケート」のように、読者の意見を集めるための取材の一環として実施し、結果を朝日新聞紙面やデジタル朝日新聞の記事の中で紹介するような取り組みも行われている。会員情報はすでに登録されているので、応募の際わずらわしい個人情報の入力は不要だ。
 これまでの朝日新聞デジタルは有料で「コンテンツ」を提供するだけであったが、アスパラクラブを取り込むことで、紙面に対する読者からのアクションを受け付ける「ツール」としての役割や、読者の暮らしを支援したり、メリットを与える「サービス」をも提供していくことになる。こういった取り組みが読者との距離を縮めていくことにつながれば、デジタルを活用した新聞社の未来が拓けていけるのではないだろうか。