読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

edgefirstのブログ

国内新聞社を中心としたマスメディア関連のウェブサイト巡回が趣味です。業界紙的なノリでトピックスをメモしていきます。

速さにこだわるPC・スマホ向け有料ニュースサイト「福井新聞fast」

 福井新聞社は7月10日、スマートフォン、パソコン向け有料ニュースサイト「福井新聞fast(ファスト)」をスタートした。どこよりも速いをモットーに、福井県内のあらゆるジャンルのニュースを短文形式で伝える。
 「福井新聞fast」では県内ニュースに加えて、県内の交通情報、気象情報、おくやみ情報などを提供。おくやみ情報はぬ毎朝6時半に掲載し、最新3日分の情報や、おくやみ広告も見られる。高校野球速報では、夏の甲子園や春と秋の北信越大会を、それぞれ県大会1回戦から、全打席をテキストで詳しく報じるほか、紙面に載せきれない写真も届ける。
 「福井新聞ONLINE」とのすみ分けについて、メディア・システム局の内田雅章局長は「オンラインは本数は限られているが内容は詳しい。ファストは本文は多いが基本的に短文」と話している。
 利用料は月額315円。プロ野球、Jリーグ、サッカー日本代表、大相撲などのリアルタイム速報や、国内外の主要スポーツニュースを追加した「スポーツプラスプラン」は月額525円。課金には、5月に共同通信のシステムを使って開設した会員管理システム「福井新聞パスポート」を利用している。
 (2012年7月23日付文化通信より)

 福井新聞社が7月12日、スマートフォンおよびパソコンで利用できる有料のニュースサイト「福井新聞fast」をオープンさせた。福井県のニュースの速さにこだわり、同じIDでパソコン及びスマートフォンから利用できる。
福井新聞fast]⇒福井新聞fast | 福井県の速報ニュースサイト、おくやみも
 共同通信社が全国の地方紙向けに開発した会員管理・課金システムを利用しており、従来のように携帯電話会社の決済システム利用するのではなく、自前で会員管理を行うことが大きな特徴。また、スマートフォンではアプリではなくブラウザベースの提供となるため、App StoreGoogle Playといったプラットフォームの課金システムを使わず、クレジットカードのみの決済となっている。
 月額315円の基本プランでは、コンテンツとしては県内の速報ニュースに加え、交通情報・気象情報・おくやみ情報および訃報広告が用意されている。また、高校野球は夏の地方予選及び春と秋の北信越大会の全試合を1打席単位で速報する。
 その他に充実しているのはニュースメールの配信機能。「重大ニュース」「社会」「スポーツ」「経済」「芸能」「占い」といった様々なジャンルニュースを選択し、メールで受け取る事ができる。
 月額525円の「スポーツプラス」では、プロ野球・Jリーグ・大相撲などのリアルタイム速報や、様々なジャンルのスポーツ速報記事を読むことができる。
20120807005136 2012080700513920120807005138 20120807005137 
 「福井のニュースの速さにこだわる」との言葉通り、短文形式の速報に重点を置いているようだ。事件・事故・政治・経済などの「ニュース」だけでなく、交通や気象、イベント開催といった生活に関わる情報も重視。朝7時には東京や大阪へ向かう高速バス、県内JR・私鉄の運行状況、近隣の小松空港から羽田・成田へ向かう便の欠航予定なども配信。北陸道や舞鶴道など高速道路の渋滞状況なども伝えている。また、ニュースジャンルに「原発」があるのは県内に数多くの原発を抱える福井県ならでは。
 ただ、基本プランに210円プラスとなる「スポーツプラス」については、正直なところYahoo!スポーツやニッカン・サンスポのようなスポーツ紙のスマートフォンサイトの方がニュース・記録ともに充実しており、わざわざ追加料金を払う意味があるか微妙なところ。
 申し込みにはまず「福井新聞パスポート」に登録する必要があり、その登録が済んだ上で福井新聞fastに申し込みクレジットカード番号を入力する必要がある。やや面倒な手順を踏む必要があるが、そのあたりが会員獲得の壁とならないかどうかが気になる。
 読売の読者向け有料ニュースサイトである「読売プレミアム」とは異なり、読者でなくても登録できる。現時点では新聞読者向けにメリットを用意しているわけではないようだ。この「福井新聞fast」が福井県民以外にとってそれほど魅力的なサービスとは思えないので、県内普及率約80%(2010年下半期)を誇る福井新聞だからこそ、読者向けにも訴求するものがあってもよかったのではと感じた。