読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

edgefirstのブログ

国内新聞社を中心としたマスメディア関連のウェブサイト巡回が趣味です。業界紙的なノリでトピックスをメモしていきます。

神奈川新聞、記者ツイッターを11人でスタート

 神奈川新聞社では、現場記者がその日の出来事や、取材の様子、こぼれ話などをつぶやいています。ぜひ、気になる記者のアカウントをフォローしてみて下さい。
 なお、発言内容は記者個人の見解で、神奈川新聞社の見解ではありません。
カナロコ編集部からのお知らせ

 20120726011441
 神奈川新聞が記者個人によるツイッターをこの7月から広く開始している。これまでもウェブサイト「カナロコ」に掲載したニュースを機械的に投稿するアカウント「神奈川新聞ローカルニュース」や、「経済部」のアカウント、PRを行う「企画開発室」、地域のイベント情報を告知する「バザール編集部」など、組織・部署単位でのツイッターアカウントはいくつか存在していたが、記者個人によるツイッター活用に乗り出したようだ。
 ウェブサイト「カナロコ」内に「神奈川新聞のつぶやく記者」というページを設け、ツイッター記者を一覧している。ツイートしている記者は運動部や県政記者クラブ担当、文化部、整理部、署回り(警察署担当)、支局長など編集局内の様々な部署から参加している11人。ロンドン五輪の現地取材を行う記者も参加している。
 ただ、まだまだ始めて間もないせいか、フォロワー数やツイート件数が少ないアカウントが多い。せっかくきちんとしたプロフィールを公開しているのに1件も投稿していない記者もいる。これからに期待といったところか。前述した組織・部署単位のアカウントには1000から1万超のフォロワー数を集めているものもあるのだから、こちらでも記者アカウントを積極的に紹介するなどしてもっとPRすればいいのではと思う。
 記者個人によるツイッター活用といえば新聞社ではなんといっても朝日新聞。今年1月に14人で開始した「つぶやく記者」は、7月25日現在35人まで増加している。4月には暫定版ながら「ツイッターガイドライン」を公表。ソーシャルメディアの活用に非常に熱心である。こういった動きも影響しているのだろう。この記者個人によるツイッターの活用が他の地方紙にも広まっていくか、注目していきたい。