読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

edgefirstのブログ

国内新聞社を中心としたマスメディア関連のウェブサイト巡回が趣味です。業界紙的なノリでトピックスをメモしていきます。

読売新聞、11月ABC部数で1000万部回復 震災以来8カ月ぶり

 読売新聞の11月のABC部数が、今年3月(1002万3967部)以来8カ月ぶりに1000万部を突破した。11月の部数は1000万7847部と前年同月比では0.2%の微減だが、東日本大震災発の影響による部数減少から、抜け出した。4月から10月までは990万部台が続いていた。
(2011年12月17日付新聞情報より)

 11月のABC部数が発表され、読売新聞がグループ全体(北海道・東京・北陸・中部・大阪・西部の合計)で1000万部を回復した。4月に前月比▲72,776と1000万部を割って以来、8カ月ぶり。
[参考]⇒読売、17年ぶりに1000万部割れ 被災各県地元紙も大幅減
 V字回復ともいえるその経緯は以下のグラフ参照。10月に前月比16,794部増、11月に49,554部増とこの2カ月で震災前の水準に戻していることがわかる。

 社の至上命題である「1000万部死守」を宣言どおり年内に達成させた執念はすさまじい。ライバルの朝日は前年同月比で▲183,633部で、震災以降も微減傾向が続いているのに対し、読売のこの秋の鞭の入れ方は恐ろしいほどだ。数は力なのだろうが、それにしても…。
 なお、10月〜11月の毎日・産経の部数にわかりやすい動きがあった。

毎日新聞 前月比 産経新聞 前月比
9月 3,405,819 -7,224 1,595,002 -2,680
10月 3,469,026 63,207 1,656,124 61,122
11月 3,412,338 -56,688 1,598,192 -57,932

 10月に毎日が前月比で62,359増、産経も61,122増と部数が大幅に増加しているものの、11月には毎日56,688減、産経57,932減と、10月の増加分の大半が吹き飛んでいる。「1カ月だけでいいから…」という必死の営業活動なのだろうが、ここまで露骨に数字に現れているのには驚いた。1割でも残ってくれればいい、ということなのだろうか。