読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

edgefirstのブログ

国内新聞社を中心としたマスメディア関連のウェブサイト巡回が趣味です。業界紙的なノリでトピックスをメモしていきます。

産経新聞iPad版と無料のiPhone版が実用上あまり差がない件(追記あり)

6月3日、産経新聞iPhone版のアップデートがあり、iPhone版をiPadで利用することはできなくなった。iPadで利用するには7月から有料の「産経新聞HD」を使わなければならない。これまでフリー路線を貫いてきた産経にしては珍しい判断のように感じる。



 6月末までは無料で、それ以降は30日1500円と発表されているiPadアプリの「産経新聞HD」だが、一方で無料のiPhone版を今後続けるかどうかについては特にアナウンスされていない。
 iPhoneの無料版は認知と誘引のために今後も無料で展開し、iPad版を高画質で提供して課金するのかと思っていたが、実はiPhoneアプリの大半はiPadでも動かすことができる。そこで、iPhone版の画面を2倍にしてiPadで表示させたときにどの程度差があるのか、検証してみることにした。

産経新聞iPad版(アプリ名:産経新聞HD)

2010053023294720100530232949

産経新聞iPhone版をiPad上で拡大表示(アプリ名:産経新聞)

2010053023294820100530232950 
 いかがだろうか。通常の表示を単純に2倍拡大して表示させているため、iPhone版の方が若干文字がぼやける印象があるが、「さらっと記事を読んで写真を見る」といったレベルであれば、実用上ほとんど差し支えない程度の差しかないように見える。
 さて、こんなことは提供する産経側は百も承知のことであろう。今後の展開についてあれこれ想像してみる。

  1. 6月末をもって無料のiPhone版の提供を停止
  2. 無料のiPhone版は主要面(1面と政治・経済・社会・テレビなど)に絞り、有料のiPad版はすべての面を閲覧可にする。
  3. iPhone版をiPad版で見られないようにする
  4. 有料のiPad版に動画や他の写真などの付加価値をつける

 無料版を完全にやめてしまうのは、先日メモした産経デジタル・近藤社長のインタビューの内容からして考えにくいので、可能性が高いのは2か3か。4は月1、2回刊行の雑誌ならともかく、日刊でやるとなると人手の問題で厳しそうな気がする。