edgefirstのブログ

国内新聞社を中心としたマスメディア関連のウェブサイト巡回が趣味です。業界紙的なノリでトピックスをメモしていきます。

メモ

沖縄タイムス「地図が語る戦没者の足跡」に特別賞 次世代ジャーナリズムの表彰イベント

次世代を切り開くウェブ上のジャーナリズム作品を決める「ジャーナリズム・イノベーション・アワード」が24日法政大学であり、沖縄タイムスとGIS沖縄研究室(渡邊康志主宰)が制作した「地図が語る戦没者の足跡」が、エントリー38作品中2位を獲得し…

日刊スポーツ、「スターウォーズ新聞」発売 新作公開に合わせ1年通し発行

「スター・ウォーズ・イヤー」がスタートしました。2015年12月18日、10年ぶりの最新作「STAR WARS : THE FORCE AWAKENS(原題)」が、ついに世界同時公開されます。三十数年間にわたって地球を熱狂させてきた、世界最高の映画シリーズの7作目。日刊スポーツ…

神戸新聞、震災20年でトップページを特別仕様に 語り継ぐ決意示す

阪神・淡路大震災から20年を迎えるにあたり、電子版「神戸新聞NEXT(ネクスト)」は、震災と被災地の取り組みを広く伝えようと、パソコン向けトップページを一新しました。18日夜までこのページを表示します。 トップページの背景に1995年当時の…

日経電子版の会員総数が250万人に エバーノートとの提携で「使う新聞」へ

日本経済新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:喜多恒雄)が発行する『日本経済新聞 電子版』の登録会員数(有料・無料登録の総数)が250万人を超えました。日経電子版は2010年3月の創刊以来、コンテンツを充実させるとともに、使いやすさを改善してき…

静岡新聞、小型無線ヘリの本格運用開始 空撮動画の充実進む

試験運用を続けていたマルチコプターを本格的に使用していくことになりました。鳥の目線の写真、動画をお楽しみください。(ま) #静岡新聞 富士仰ぐ紅葉 無線ヘリの目 静岡・安倍峠 | 静岡新聞 http://t.co/wVYbnvJbZc— 静岡新聞デジタル編集部【@S】 (@sh…

神戸新聞、震災直後と現在の対比写真をデジタルマップ上で公開 400カ所以上

6434人が亡くなった阪神・淡路大震災から来年1月17日で20年です。電子版「神戸新聞NEXT(ネクスト)」の震災特集ページに電子版独自のコンテンツが登場しました。〈阪神・淡路大震災デジタルマップ〉 http://www.kobe-np.co.jp/rentoku/sinsai/…

毎日新聞がニュースアプリNewsPicksに記事提供 世界のニュースを独自の視点で

株式会社毎日新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:朝比奈豊)は10月3日、株式会社ユーザベース(本社:東京都港区、代表取締役共同経営者:新野良介・梅田優祐)と提携し、運営するウェブメディア「NewsPicks(ニューズ・ピックス)…

毎日新聞、紙面ビューアに6媒体追加 小学生新聞や英字紙など有料配信

毎日新聞社は2日、パソコンやスマートフォン、タブレット端末で、新聞紙面の形式のまま毎日新聞が読める紙面ビューアサービスに、毎日小学生新聞や毎日スポニチTAP-iなど定期刊行物のデジタル6媒体を加え配信を始めた。また、昨年12月にスタートした「毎日…

日経電子版にインタラクティブな人口減少地図 紙面連載と連動

2040年までに若い女性の数が半減し「消滅可能性がある」とされた自治体は896自治体。あなたの町はどうでしょう。1面企画「人口病に克つ」連動で作成した電子版の「人口減少地図」をご覧ください。http://t.co/xsjICKOwPA #人口減少地図— 日経 電子番…

神戸新聞、震災20年を前に特集ページ一新 スマホ対応、新たな表現技法も

神戸新聞社は、阪神・淡路大震災から20年になるのを前に、9月1日から電子版「神戸新聞NEXT」の震災特集ページを一新した。同特集は全ページを無料で公開。グラフや写真をふんだんに盛り込み、読者と一緒に震災を考える場を目指す。 特集ページの主な内容は、…

産経新聞も朝日の慰安婦報道で営業攻勢 試読で正論8月号プレゼント

朝日新聞は、慰安婦問題を捏造、歪曲、偏向報道。安部首相の靖国参拝報道は「どこの国の新聞か」と思うほど、中国、韓国寄りの報道に徹しました。毎日新聞、東京新聞も共同歩調をとっています。 そして、8月5日、朝日新聞は従軍慰安婦報道での「誤報」を一…

読売新聞、朝日の慰安婦報道検証で攻勢 チラシを各戸配布(追記あり)

8月5日と6日の朝日新聞朝刊に掲載された慰安婦問題の特集をきっかけに、新聞・雑誌・ネット上で様々な議論が巻き起こっている。主要週刊誌である週刊文春・新潮・ポスト・現代がそろって特集を組んで批判を続けているが、新聞社でも以前から朝日新聞への批判…

朝日中学生ウイークリーも「中高生新聞」に 読売より1カ月先行

朝日学生新聞社は来年春に創刊40周年を迎えるのを前に、「朝日中学生ウイークリー」(毎週日曜日発行)を、読者対象を高校生にも拡大し、10月5日付から「朝日中高生新聞」にリニューアルする。タブロイドの判型はそのまま、月ぎめ購読料は967円(税込み)も…

日経電子版、公式ニュースまとめ「超サクッ!ニュースまとめ」開始

日々追っていないとわかりにくい話題を、日経の編集者が1本の記事に簡潔にまとめて提供します。 ニュースの概要がサクッとわかる吹き出し風の要約文の下には、元になった記事の見出しが表示されています。より詳しく読みたい場合はその見出しをクリックする…

佐賀新聞、販売店の機動力を生かした「見守り」の実証実験 ビーコンを活用

認知症の高齢者の徘徊(はいかい)や、子どもが巻き込まれる犯罪の防止に、地域社会の見守りの重要性が高まる中、佐賀新聞社などは10月から「見守りエビスプロジェクト」に乗り出す。小型の電波発信器を使って高齢者や子どもの位置情報を把握する実証実験…

朝日新聞、新聞協会賞にデジタル報道「ラストダンス」「吉田調書」を応募

新聞協会賞の応募作品がこのほど出そろい、協会は機関紙「新聞協会報」などで公表した。応募数は合計59社90件。そのうち「ニュース」「写真・映像」「企画」の3部門に分かれる「編集部門」が48社79件を占めた。編集部門のうちニュースは13件、写真・映像は1…

読売新聞、中高生向け新聞を11月創刊 子ども新聞からの継続狙う

読売新聞社は7月11日、中学生・高校生をターゲットにした週刊新聞「読売中高生新聞」を11月に相関すると発表した。約22万部を発行している小学生高学年向けの「読売KODOMO新聞」の読者の成長に合わせ、新たな活字メディアを提供し、将来の読売新聞本紙の読者…

日経電子版、「電子版カイゼン部」で改善要望の取り組みを報告

サービス改善に皆様のお声を。みなさまの声で、日経電子版のサービス・機能改善をおこなっております「電子版カイゼン部」。お待たせしているアノ案件も、もう間もなく対応できそうです。 http://t.co/63YJlvfAbf— 日経電子版広報部 (@webkanpr) 2014, 6月 2…

地方紙でも進む読者向けデジタル紙面提供サービス 6月は5社が開始

業界紙を眺めていたところ、今月(2014年6月)は山陽新聞(1日)、北海道新聞(2日)、愛媛新聞(2日)、東奥日報(10日)、山形新聞(16日)の5社が、主に読者を対象に紙面イメージをインタネット経由で提供するサービスを開始した。読者限定か否か、無料…

読売新聞、スマートニュースに記事提供開始 「チャンネル」も開設

スマートニュース株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:浜本 階生、以下「スマートニュース」)は本日、当社が提供するスマートフォン・タブレット向けニュース閲覧アプリ「SmartNews(スマートニュース)」内の「チャンネルプラス」において、読売新…

消費税率引き上げによる新聞発行部数への影響は?(追記あり)

4月1日に消費税が5%から8%へ17年ぶりに引き上げられたのに伴い、多くの新聞社は消費増税分の転嫁による購読料金を改定し、読者に対して実質的な負担増を求めることになった。おおむね全国紙やブロック紙の朝刊・夕刊のセット版料金は3,925円から4,037円、朝…

朝日新聞、特集企画「吉田調書」公開 ソーシャルメディアでスクープ予告 

朝日新聞は東日本大震災発生時の東京電力福島第一原子力発電所の現場責任者である吉田昌郎所長(故人)が政府事故調の調べに対して答えた「聴取結果書」を独自に入手。全400ページ、50万文字に及ぶこの調書を元に分析・検証した特集企画「吉田調書」を、朝日…

四国新聞、125日連続でメッセージ広告掲載 地元クリエーター60人と連携

四国新聞は、創刊125周年の記念事業として、「いいさぬき125」プロジェクトを開始した。その一環として、125周年にちなみ、4月10日から125日間連続で、さぬき(香川県)をもっと「いいさぬき」にするためのメッセージ広告を掲載している。これほど長期間連続…

スポーツ報知が「初音ミク特別号」発売 創作活動の広がりを特集

スポーツ報知では「初音ミク特別号」(タブロイド判、オールカラー32ページ、定価350円)を9日から各地で順次発売しています。イラストレーター・KEIさんによる新聞見開きサイズの描き下ろしイラスト、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博…

朝日新聞、「特典電子版」開始 朝夕刊セット読者に紙面イメージ無料提供

朝日新聞社は、デジタルの新サービス「特典電子版」を4月1日午前10時からサービスインする。同サービスは朝日新聞を朝刊夕刊ともに購読している顧客限定で、紙の新聞そのままの紙面イメージがデジタル端末で読めるサービス。すでに提供している朝日新聞デジ…

読売プレミアムに紙面ビューア機能が追加 大手5紙で機能が揃う

読売新聞購読者限定の有料デジタルサービス「読売プレミアム」に、4月1日から読売新聞の朝刊紙面をそのまま読める新機能「紙面ビューアー」が加わりました。東京本社発行の朝刊最終版の全ページを掲載。掲載期間は1週間です。スマートフォン、パソコン、…

中日スポーツ、新聞紙面でビンゴゲーム実施 可変印刷技術を応用

中日スポーツを発行する中日新聞社はプロ野球の開幕日である3月28日、新聞紙面にビンゴカードを印刷し、読者が列を揃えると懸賞に応募できる企画を実施した。中日スポーツ創刊60週年を記念した企画で、同社によると新聞紙面にビンゴカードを掲載するのは全…

読響公演をネット生中継 新ホール開館記念、読売プレミアム会員限定で

読売新聞社の有料会員制サイト「読売プレミアム」では、東京・大手町の「よみうり大手町ホール」(読売新聞東京本社ビル内)の開館を記念して3月28日午後7時から開催される読売日本交響楽団(読響)のスペシャルコンサートを、会員向けにインターネット生中…

西日本新聞が懸賞応募サイト「くれると」開設 購読者限定のプレゼントも

西日本新聞社の会員組織「西日本新聞パスポート」会員ならどなたでも応募可能なプレゼントサイト「cureruto(くれると)」が、3月1日にオープンしました。 ※一部西日本新聞定期購読者限定の賞品もあります。毎週更新されるプレゼントには、1週間に1景品…

河北新報がウェブサイト刷新 ニュース、コミュニティー、デジタル紙面の3本柱

宮城県を中心とする地方紙・河北新報社は3月1日、新たなウェブサービス「河北新報オンライン」を開始した。新サービスは、これまでのニュースサイト「河北新報 KOLNET」をリニューアルしニュースサイトの「オンラインニュース」、新聞読者限定の「デジタル紙…

朝日新聞、大雪でPDF特別紙面制作 販売店に直接ネット配信

朝日新聞社は、14日から15日にかけて東日本の広い地域を襲った大雪で、新聞輸送トラックが渋滞に巻き込まれるなどして配送が困難になった地域が出たことから、降版の大幅繰り上げや特別輸送などのほかにも特別な対策をとった。幹線道路の閉鎖や渋滞などで輸…

朝日新聞、あらゆるウェブ表現を駆使した「浅田真央 ラストダンス」公開

朝日新聞は2月22日、フィギュアスケート女子・浅田真央選手のこれまでの足跡を振り返るコンテンツ「浅田真央 ラストダンス」を公開した。 ⇒浅田真央 ラストダンス - 朝日新聞デジタル 浅田選手が3歳の頃からソチ五輪の舞台に至るまでを、写真スライドショー…

豪雪で配達不能 信濃毎日、山梨日日、上毛、朝日、毎日が紙面を無料公開 

2月14日から17日にかけて山梨、長野、群馬など東日本一帯を襲った記録的な積雪。大雪のため印刷した新聞の配達ができない新聞社では、ウェブサイト上に紙面の一部をPDFファイルでアップしたり、紙面ビューアを無料開放して公開した。 信濃毎日新聞 佐久市や…

読売新聞、ソチ五輪に合わせCM「あなたの夢は、わたしの夢」制作

読売新聞では、ソチ冬季五輪向けに新しいCMを制作し、期間中の中継番組などで放送します。フィギュアスケートをテーマに、「あなたの夢は、わたしの夢」と題したCM(30秒と60秒の2パターン)は、読売新聞が2002年のアテネ五輪から日本オリンピック委員会…

日経の合計購読数308万 電子版単独5割越すも、紙落ち込み前年比約8万減

日本経済新聞社は16日、2013年12月の「日本経済新聞」朝刊販売部数(日本ABC協会公査)と14年1月6日時点の「電子版」会員数を公表しました。新聞部数と電子版有料会員数をあわせた購読数は308万9768になります。日経新聞では半年ごとに最新の部数、会員…

読売新聞が前月比24万部減 1000万部を大きく割り込む

2013年11月、3年連続で1000万部を回復した読売新聞。1カ月は大台に乗せるも、2012年も2011年も翌月には1000万部を割り込むという推移を繰り返していたが、2013年は以前に増して大きく落ち込んだ。[参考]⇒読売新聞、恒例の1000万部回復 2年連続で達成 - edg…

毎日新聞、デジタル国会議員名鑑を公開 全議員のネット活用状況を網羅

毎日新聞社は24日から、インターネットのニュースサイト「毎日新聞」で「デジタル国会議員名鑑」(http://senkyo.mainichi.jp/giin/)を公開します。衆参両院議員の公式サイトや、ブログ、ツイッター、フェイスブック、グーグルプラス、ユーチューブのアカ…

毎日新聞、東京都知事選でボートマッチ提供 地方選挙で初

株式会社毎日新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:朝比奈豊)は23日17時より、「毎日新聞ボートマッチ『えらぼーと都知事選』」の提供を開始しました。 今回の都知事選は東京五輪・パラリンピックの在り方や原発をどうするかなど、国政選挙並…

朝日・木村社長「朝夕刊セット主義からの脱却を」「取材部門で別会社設立へ」

昨年の新年あいさつで「若者に紙は届かない」「デジタルに対応できない記者は仕事を失う」など刺激的なメッセージを放った朝日新聞の木村伊量社長。今年1月6日に行われた新年祝賀会のあいさつでも、消費税増税を控えた今年を決戦の年と位置付けており、不滅…

福井新聞、電子版でバンクーバー五輪17日間分の紙面を一挙掲載

福井新聞が年初から電子版「D刊」のコンテンツとして、2月7日に開幕されるソチ五輪を前に、4年前のバンクーバー五輪を振り返る企画として、期間中のオリンピック特集紙面を一挙掲載している。閲覧できるのはD刊の会員で、1月31日までの期間限定公開となっ…

読売新聞の会員制サイト「ヨリモ」が3月末終了 一部機能は読売プレミアムへ

日ごろから会員制サイト「ヨリモ」をご覧いただき、まことにありがとうございます。 2006年以来、皆様にご愛顧いただいてきたヨリモは、2014年3月31日をもってサービスを終了することになりました。新たなデジタルサービスの展開を図るためのサイト見直しの…

日経IDと日経BPパスポートが統合へ 500万IDのプラットフォームに

日経グループは、日経電子版などのログインに利用する「日経ID」と、日経BP社が提供するサービスのログインに利用する「日経BPパスポート」を、今春から順次統合します。日本経済新聞社と日経BP社では登録制のインターネットサービスの認証方式が異…

朝日新聞デジタルのトップページに“動く”ロレックスの広告

12月上旬、朝日新聞デジタルのトップページに、高級時計メーカーであるロレックスの広告が一週間に渡りインパクトある形で掲載された。 サイトを取り囲むように、ロレックスの時計の画像が大きく表示される。日替わりで2,013年の新作など人気モデルが掲載さ…

毎日新聞、読者へ紙面ビューアを無料提供 ウェブサイトに会員制導入

毎日新聞社は12月2日、毎日新聞の定期購読者が「愛読者会員」として登録すれば、追加料金なしに、紙面イメージのままパソコン(PC)やスマートフォン、タブレット端末で閲覧できる「毎日新聞愛読者セット」を始めた。同時にニュースサイトもリニューアル。名…

読売新聞、恒例の1000万部回復 2年連続で達成

11月といえば一昨年、昨年と続いて読売新聞が1年で唯一、公称1000万部を回復した月であったが、今年も見事に達成した。 日本ABC協会が発表した2013年11月の月別部数によると、読売新聞(北海道、東京、大阪、中部、西部の合計)の朝刊販売部数は1000万7440…

信濃毎日と鉄拳のコラボ動画「家族のはなし」に注目の印刷技術

信濃毎日新聞社広告局は創刊140周年を記念し、地元・長野県大町市出身の人気お笑い芸人・鉄拳が制作した新作パラパラ漫画(動画)『家族のはなし』を、11月17日の「家族の日」に発表した。 鉄拳作品史上最多の1918コマ、最長の約10分の大作となっている。 『…

朝日新聞デジタルに楽天ポイントコース 毎年5000P付与

朝日新聞社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:木村 伊量、以下「朝日新聞」)は、楽天株式会社 (本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)と連携し、朝日新聞の電子版 「朝日新聞デジタル」の1年購読に対して、楽天の「…

産経新聞の編集新会社、今後は受託制作で収益向上狙う

産経新聞社は10月1日、整理・校閲部門を分社化し、「産経編集センター」を設立した。かねて外部の刊行物の編集作業を受注していた東京本社編集局編集センターの一部と東京・大阪両本社整理部の一部、校閲部の全社員計130人が出向する。代表取締役社長には、…

西日本新聞経済電子版、社長直々にキャッチコピー募集 賞金30万円

先月(9月)下旬、西日本新聞の九州経済に特化した有料サイトqBiz(西日本新聞経済電子版)のサイト内に、以下のような意味深な告知ページが掲載されていた。 黒いバックに、「2013年10月1日 重大な発表を致します 西日本新聞社代表取締役社長 川崎隆生」と…

日経電子版、日経産業とMJ紙面ビューアーをオプション提供

多くの方からご要望をいただいておりました、日経産業新聞と日経MJの紙面ビューアーがついに登場!電子版有料会員の限定オプションとしてスマホ・タブレット向けのアプリ(※)でご購読いただけます。記事検索や保存機能を装備し、バックナンバーも日経産業新…